うずまさ共生の郷ブログ

2020.01.15

ほっとひ・と・い・きvоl・23

 

1月17日は「阪神淡路大震災」から25年。

月日は経ちましたが、被害に遭われた方、

身内を亡くされた方など

今でも悲しみを抱えておられる方も多いでしょう。

あの朝は神戸から離れた我が家でも

西からゴゴゴッと地鳴りが押し寄せ、

すぐ「地震だっ」と分かり、

当時風邪でいっしょに寝ていた子どもに

思わず覆いかぶさって布団をかぶった記憶があります。

すさまじい揺れでした。

あれから25年経ちましたが、

当施設にも当時被害に遭った職員も勤務しています。

 

当時地元でも炊き出しに行くグループがあり、

調理のお手伝いをしました。

私も現地に行きたかったのですが、

子どもがまだ小さかったので

前日のお手伝いをさせていただきました。

現地でゴミが出ないよう、

全部仕込みをして送り出しました。

この阪神淡路大震災のあと、

「ボランティア」という概念が根付くこととなりました。

 

それから月日は経ちますが

災害は毎年のように起こっています。

「平穏である」「何事もなく平和である」ことが

じつは一番大切なことだと実感するこの頃です。

 

今年は災害の少ない年になりますよう。

 

施設長 寺尾美智子

 

2020.01.14

2020年初めてのアートセラピー

今年初めてのアートセラピーは

「書初めアート」と題しまして

令和二年のイメージを色紙いっぱいに描くというものでした。

先生がご用意してくださった写真や文字を

昔を回想しながら選ばれていました。

女性の方はお花や食べ物といったものを選ばれ

男性の方は出かけるのがお好きな方だったので

電車の写真を選ばれたりと

個性が光る作品となりました。

写真や思いにちなんだ文字が作品をぐっと引き締めてくれていますね。

みなさま戸惑いながらもお好きな写真を手に取られる姿が

とても楽しそうでした。

2020.01.12

ほっとひ・と・い・きvоl・22

 

お正月があけて早や10日。

みなさまお正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

元日に愛宕山の初日の出を見られてからすぐ面会に来られたご家族様がおられました。

背中にリュックとポールをしょっておいででした。

黄金色輝く初日の出の写真をさっそく見せていただき、

職員一同思わず手をあわせて拝んだ次第です。

今年も一年、良いことがありますように

お願いいたしました。

 

また、今年も記念写真をおこない、

多くのご家族様がお写真を撮られました。

みなさまお揃いでおだやかなお正月になったことと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 施設長  寺尾美智子

2020.01.01

ほっとひ・と・い・きvоl。21

 

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年も当施設では記念写真用にお正月の飾りつけをおこないました。

写真撮影、スマホ撮影等、承ります。

今年もみなさまお揃いでお楽しみください。

 

なお感染症予防のため、

入館の際は手洗い・うがい・マスクの着用をお願い致します。

今年もみなさまお元気でお過ごしください。

施設長 寺尾美智子

2019.12.26

ほっとひ・と・い・きvоl・20

 

まもなく2019年(平成31年・令和元年)が暮れようとしています。

ご利用者のみなさまは

これまでどのような年末年始を

お過ごしでしたでしょうか。

 

終い弘法 終い天神 南座顔見世興行 

錦で買い出し 大掃除 おせち料理  

お餅つき 紅白歌合戦 ゆく年くる年 

おけら詣り 除夜の鐘 お年玉準備 

注連飾り お雑煮 初詣 帰省 七草がゆ

 

ご家族のために一生懸命頑張って来られたみなさま。

ゆっくりと当施設でお過ごしいただき、

年末年始、面会や外出等で

ご家族様と楽しいひとときをお過ごしくださいませ。

それではみなさま良いお年を。

 

ご家族の皆様方におかれましてはこの一年、

当施設にひとかたならぬご厚情を賜りまことにありがとうございます。

今後ともより良い支援が出来ますよう努めてまいりますので

よろしくお願いいたします。

 

  施設長 寺尾美智子

      

2019.12.26

ほっとひ・と・い・きvоl・19

 

ボランティア様来所で今はやりの

「ハーバリウム」作り(花の瓶詰め飾り)を行っていただきました。

長いピンセットでお好きな色のお花を瓶に入れ、

ハーバリウム専用オイルをゆっくり流し込み、

キャップや飾りをつけると、素敵な「ハーバリウム」の出来上がり。

クリスマスムードも高まり、

ご利用者様も喜ばれておりました。

木倉様はじめボランティアのお仲間のみなさん、

いつも素敵なレクリエーションを提供いただきありがとうございます。

 

  

  

  

  施設長 寺尾美智子

 

2019.12.24

ほっとひ・と・い・きvоl・18

 

12月19日、当施設の主治医であるゆ先生と

メイルクワイア男性合唱団8名の皆様にお越しいただき、

「クリスマスコンサート」を開催していただきました。

元同志社大学のグリークラブの皆様で、

「四季メドレー」「讃美歌」「アロハオエ」など

たくさんの歌を素晴らしい歌声と息の合ったハーモニーで聴かせていただきました。

またゆ先生も「オーホーリーナイト」「ホワイトクリスマス」をご披露いただきました。

いつも回診いただくゆ先生の美声に、

ご利用者様は大喜びでした。

 

歌につつまれた楽しいひとときは、

まるで教会かコンサートホールに来たようなあたたかい気持ちでいっぱいになりました。

ご利用者の皆様も一緒に歌われ、楽しいひとときをお過ごしでした。

 

ゆ先生、メイルクワイアのみなさま、ありがとうございました。

さっそく来年夏のコンサートもお願い致しました、お楽しみに。

 

 

施設長も飛び入りで「アベマリア」の曲を披露しました。

施設長 寺尾美智子

 

2019.12.15

クリスマス気分の施設内です♪

 12月も半分が過ぎ寒さがぐっと厳しくなってきましたね。

もうすぐクリスマスがやってきます

当施設もクリスマスのイベントとして

12月19日(木)13:00~

クリスマスライブを開催いたします!

どなたでも参加していただけますので

お時間ございましたら遊びにいらしてください☆

そして施設内もクリスマスムード♩♬

利用者様がクリスマスツリーの飾りつけをしてくださいました。

今年は記念撮影もしていただけるようスぺースを設けています。

あともう少しの間クリスマス気分を楽しみたいですね。

2019.12.10

ほっとひ・と・い・きvоl・17

 

11月、「地域交流事業」として

「防災は男女共同参画の視点から~避難所設営体験講座」を開催致しましたところ、

20名の参加をいただきました。

当日は京都府男女共同参画センターらら京都の講師をお招きし、

実際に「避難場所をどのように設置していくか」

「高齢者・障がい者・赤ちゃんのおられる家庭などにどのように配慮していくか」

「設営を体験しよう」という流れで研修を行いました。

パーテイションで区切った個別のスペース、

避難者の安全を守るつくり、また非常食の試食もおこない、

実際に自分が設営の現場に立ち、

どう考えどう動くかを体験しました。

そのなかでも段ボールのベッドは簡単に作れ、

かつ寝心地も良く、また終了する時は荷物入れに活用できるなど一石三鳥の優れた物資でした。

「百聞は一見にしかず」、

実際に触れて体験してみてわかったこともたくさんあります。

参加者のご感想も「ニュースの中の話かと思っていたが実際の話を聞けてよかった」

「今ここで何が出来るかを意識することが大切と感じた」などなど、

自分のこととして考えられたことが浮かび上がってきました。

昔は山間の集落等の避難などがテレビで放送されていたのが、

現在は異常気象により一年通して、

また都市部の被害が甚大になっているのはご存知のとおりです。

当施設でもご利用者職員の安心安全を守り、

今後は「福祉避難所」としての役割を果たすべく

対応していきたいと考えております。

施設長 寺尾 美智子

 

2019.12.02

ほっとひ・と・い・き vоl・16

 

いよいよ師走。

カレンダーも残り一枚となり、

月日の流れの早さと、

何もしないまま一年が過ぎようとするあせりでおろおろする今日この頃。

「お正月が来たらまたひとつ歳とるなー、もういらんわー」

というお声が聞こえそうです。

でも施設では行事が目白押し。

各ユニットのクリスマス会、

京都市中央卸売市場様・㈱朱常様から寄贈の

鮭・みかん・バナナなどを用いた行事食(ちゃんちゃん焼き)など行います。

また、1階玄関フロアもクリスマスアレンジで

華やかにしておりますので、どうぞお楽しみください。

   

めっきりと冷え込みが厳しくなってきました。

京都でインフルエンザの流行も発令されたようです。

健康に気をつけて、年末年始を乗り越えたいですね。

 

施設長 寺尾美智子

Copyright (C) 太秦特別養護老人ホーム All Rights Reserved.