うずまさ共生の郷ブログ

2022.04.23

春待つレクリエーション「ミニ盆栽で箱庭をつくってみよう」 作って楽しみました

   春の花鉢を愛でて、

 コケの感触を確かめながら箱庭をつくりました。

     

     

 みなさん小さな自然に触れ、

満足され落ち着いた笑顔を見せられました。

盆栽は小宇宙。

vоl。115

[うずまさ共生の郷ブログvol.171

2022.04.21

春待つレクリエーション「ミニ盆栽で箱庭をつくってみよう」  施設で作ってみました

 

 とある日曜日、たまたまつけたテレビで

「趣味の園芸」をやっていて、

ミニ盆栽を用いて春の飾りを制作されていました。

 盆栽というと和のイメージですが、

そのときは洋のイメージで作られていました。

ちょうど園芸店では春の花のウメやボケの

花鉢や水仙の小鉢が出ています。

時期をのがすと花が散ってしまうので、

ミニ盆栽をつくってすぐに箱庭つくりにチャレンジ!

①花鉢を盆栽用の平たい鉢などに植え替える

②大きな鉢に軽石を敷く

③この大鉢に好きな花鉢を選んで配置する(二重鉢にする)

④コケをこちらも好きなところに配置する

⑤出来上がりを楽しむ

緑や花にふれ、また鉢などの配置を考えることは

心癒されるひとときとなるでしょう。

コケはあちこちから調達してきました。

仕事の行き返りの道の隅や家の石垣で良いコケを探します。

下ばかり見ていると何か良いものでも

落ちているのかと間違えられそうです。

 

当施設の職員さんが庭の苗木をじょうずに盆栽仕立てにされます。

こちらも「春の盆栽展」と題して、展示しました。

vоl。114

[うずまさ共生の郷ブログvol.170

2022.04.13

春待つレクリエーション「貝合わせ」 みんなで遊んでみました

 まず貝を入れた三段の千代紙で作ったタンスをお持ちすると、

「わー、きれい!」「宝石でも入ってる?」との声。

そのタンスの引き出しから貝合わせの貝を取り出すと、

さらに「うわー」と可愛い声。

 貝合わせ「こんな遊びはしたことないわー」と

言われる方がほとんどでしたが、

貝に彩られた模様を見て同じものを探すだけでもみなさん笑顔です。

  

     

  

        

  

「春」が感じられて、乙女に帰った楽しい一日でした。

vоl。113

[うずまさ共生の郷ブログvol.169

2022.04.12

春待つレクリエーション「貝合わせ」2 施設で作ってみました

 

さてインターネットで検索すると、

なんとハマグリの貝がらセットが売られています。

大きさも小さいものから大きなものまであり、

今回47mm24個セットを注文することにしました。

届いて開けてみると、

きれいな大きなハマグリの貝(がら)が届きました。

発送元は「豊洲市場」。

中身の貝ははいっていません、

きっと誰かにおいしく食べられたことでしょう。

その貝の中に、シールやイラストなど

おめでたい柄を選んで貼りつけました。

その上からニスを2回塗り、

貝側のほうもニスを塗ると、

きれいな合わせ貝が出来上がりました!

金箔や花鳥風月や百人一首などが

描かれた作品には及びませんが、

華やかな仕上がりになりました。

 

その貝を入れておく箱も

千代紙で作られた三段タンスにして、

お持ちするときから目で見て

楽しんでいただくようにしてみました。

ご利用者さまと楽しみます。

vоl。112

[うずまさ共生の郷ブログvol.168

2022.04.08

春待つレクリエーション「貝合わせ」  その由来

「貝合わせ」は平安時代から長く受け継がれた

王朝遊びのひとつで、

その時代は貝殻の形や色合いの美しさや珍しさを愛で、

その貝殻を題材にして歌を詠じて

優劣を競う遊びだったとのことです。 

江戸時代に遊ばれた「貝合わせ」は

大きなハマグリ貝が用いられ、

  

 金箔や蒔絵(まきえ)で美しく装飾されました。

  これらをならべ、多くの中からもとの一対を探す遊びです。

 ハマグリは同じ柄や一対になるものは他になく、

対になる貝を間違えないところから夫婦和合の象徴とされました。

 節句のお祝い飾りに「貝合わせ」もあるようですね。

金箔が貼られ、百人一首や花鳥風月といった

おめでたい柄が彩られ、

遊ぶというより飾るものになっています。

もちろんお値段もそうとうお高めのようです。

 この春らしい「貝合わせ」を施設のレクリエーションとして取組むこととします。

vоl。111

[うずまさ共生の郷ブログvol.167

2022.03.26

「聴く・語る~戦争のこと10」

ブログ9本にわたり、

「聴く・語る~戦争のこと」

をお届けしました。

 

皆さまが生きてこられた時代と

経験されたこと、ご家族のこと、

そしてそのお気持ちは、実際は

もっと厳しいものであったと

思いますが、お話しぶりは

「あなたに伝えますよ」といった、

どちらかと言えば淡々と

お話をされたものです。

なお一層、そのお気持ちが

ひしひしと伝わってきました。

 

皆さまの若いころ、

終戦後頑張って働いて来られたこと、

そして今現在のことに想いを致し、

末永くお元気でお暮しいただくよう、

私たちは願ってやみません。

 vоl。110

[うずまさ共生の郷ブログvol.166

2022.03.17

「聴く・語る~戦争のこと9」

              

 

「戦争の真っ最中でした。

中3の時、学徒動員で

舞鶴の海軍工廠(しょう)に行って、

寄宿舎で生活をした。

25mの機関銃の弾を作った。

私の家では兄がフィリピンで戦死をした。

長男だったから、

母がかわいそうでしたなあ。

 

玉音放送もよく聞こえず、

(敗戦が)わからなかった。

私も兵隊になるもんやと思ってました。

   

当時は学校の先生も

(子どもたちは)兵隊になると思っていたから、

厳しかった。

その後の同窓会などには

その先生は来れませんでしたなあ。

           

戦争はあかんけど、誰かが行かなあかんかった。

精神力は鍛えられました。」

 

vоl。109

[うずまさ共生の郷ブログvol.165

2022.03.07

「聴く・語る~戦争のこと8」 

 

   勤労奉仕で田んぼの手伝いもあった。

この時は白い大きな(お米の)おにぎりをもらって、

うれしかった。なかなか食べられなかったから。

軍事教練は竹やりを軍人さんが教える

(竹やりでB29を迎え撃つという訓練)。 

でもB29の機銃操作にあい、本当にこわかった。

       

女学校5年のうち、

学徒動員が2年間、

1年繰り上げがあって、実際は2年

しか行っていない。

英語も「敵国語」で教わっていないので、

「脳トレ」でも英語はパス。

    

「私たちは戦争をくぐり抜けてきたから強いねー」

と同級生と話をしながら、

毎年同窓会をおこない、

旅行をしてきた。

 団結力があるんです。

   ここでは安心して過ごしていますよ。」

 

   vоl。108

[うずまさ共生の郷ブログvol.164

2022.03.06

「聴く・語る~戦争のこと7」

       

「女学校のとき、

私の学年だけ学徒動員に駆り出された。

“大和なでしこ”のハチマキ締めて、

岡山の造船所に通った。

                

学徒動員だけお弁当が出た。

中身は麦と大豆、イカナゴと大根の葉を炊いたの。

 鉄板の作業をするのに、

熱い鉄板が指の上に誤って落ちた。

みるみる腫れてきて、軍医さんが麻酔もかけず、爪をやっとこで剥いだ。

 足もばい菌が入ったか腫れて、

看護婦さんたちに押さえつけられて麻酔なしでえぐられた。

 痛い目にあったので、辛抱強いと思います。」

    

vоl。107

[うずまさ共生の郷ブログvol.163

2022.02.26

「聴く・語る~戦争のこと6」

 

「戦争中は金閣寺や平野神社に逃げた。

金閣寺の山に薪も取りに行った。

おばあさんとおイモとおにぎり持って、

一日集めに行った。

                

お母さんが買い出しに行くのに、

私が朝4時に路面電車に乗って、

京都駅まで切符を買いに行ってた(配給制か)。

お母さんが買い出し行くの大変やったから、

ちょっとでも手伝おう思て。

         

 「疎開」も行ったけど、

食べるもんが無い。

ほんとに苦労した。

 あれはもう絶対行きたくないわ。」

 

vоl。106

[うずまさ共生の郷ブログvol.162

ブログ内検索

施設情報

特別養護老人ホーム
「うずまさ共生の郷」

京都市右京区太秦蜂岡町31番
(旧右京区役所跡地)
TEL:075-864-2400
FAX:075-864-2402
MAIL:info@shimei-f.net

Copyright (C) 太秦特別養護老人ホーム All Rights Reserved.