うずまさ共生の郷ブログ

2020年01月

2020.01.15

ほっとひ・と・い・きvоl・23

 

1月17日は「阪神淡路大震災」から25年。

月日は経ちましたが、被害に遭われた方、

身内を亡くされた方など

今でも悲しみを抱えておられる方も多いでしょう。

あの朝は神戸から離れた我が家でも

西からゴゴゴッと地鳴りが押し寄せ、

すぐ「地震だっ」と分かり、

当時風邪でいっしょに寝ていた子どもに

思わず覆いかぶさって布団をかぶった記憶があります。

すさまじい揺れでした。

あれから25年経ちましたが、

当施設にも当時被害に遭った職員も勤務しています。

 

当時地元でも炊き出しに行くグループがあり、

調理のお手伝いをしました。

私も現地に行きたかったのですが、

子どもがまだ小さかったので

前日のお手伝いをさせていただきました。

現地でゴミが出ないよう、

全部仕込みをして送り出しました。

この阪神淡路大震災のあと、

「ボランティア」という概念が根付くこととなりました。

 

それから月日は経ちますが

災害は毎年のように起こっています。

「平穏である」「何事もなく平和である」ことが

じつは一番大切なことだと実感するこの頃です。

 

今年は災害の少ない年になりますよう。

 

施設長 寺尾美智子

 

2020.01.14

2020年初めてのアートセラピー

今年初めてのアートセラピーは

「書初めアート」と題しまして

令和二年のイメージを色紙いっぱいに描くというものでした。

先生がご用意してくださった写真や文字を

昔を回想しながら選ばれていました。

女性の方はお花や食べ物といったものを選ばれ

男性の方は出かけるのがお好きな方だったので

電車の写真を選ばれたりと

個性が光る作品となりました。

写真や思いにちなんだ文字が作品をぐっと引き締めてくれていますね。

みなさま戸惑いながらもお好きな写真を手に取られる姿が

とても楽しそうでした。

2020.01.12

ほっとひ・と・い・きvоl・22

 

お正月があけて早や10日。

みなさまお正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

元日に愛宕山の初日の出を見られてからすぐ面会に来られたご家族様がおられました。

背中にリュックとポールをしょっておいででした。

黄金色輝く初日の出の写真をさっそく見せていただき、

職員一同思わず手をあわせて拝んだ次第です。

今年も一年、良いことがありますように

お願いいたしました。

 

また、今年も記念写真をおこない、

多くのご家族様がお写真を撮られました。

みなさまお揃いでおだやかなお正月になったことと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 施設長  寺尾美智子

2020.01.01

ほっとひ・と・い・きvоl。21

 

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年も当施設では記念写真用にお正月の飾りつけをおこないました。

写真撮影、スマホ撮影等、承ります。

今年もみなさまお揃いでお楽しみください。

 

なお感染症予防のため、

入館の際は手洗い・うがい・マスクの着用をお願い致します。

今年もみなさまお元気でお過ごしください。

施設長 寺尾美智子

Copyright (C) 太秦特別養護老人ホーム All Rights Reserved.