うずまさ共生の郷ブログ

2020.10.11

ほっとひ・と・い・きvоl。49

 

「秋の七草」

 秋の七草は奈良時代の歌人

山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集に選定したと言われています。

「秋の野に咲きたる花を 指折りかき数ふれば 七草の花

 萩の花  尾花(すすき)  葛花(くずの花)  撫子(なでしこ)の花

 女郎花(おみなえし)  藤袴(ふじばかま)  朝貌(あさがほ)の花(桔梗)」

春の七草は食用で、

秋の七草は花を楽しむもののようです。

 

この花を花瓶に活けると一気に秋の雰囲気となりますね。

 

良い季節となりました。

コロナも早く収まってほしいですね。

      

 秋の一日、絵手紙で楽しみました

 

Copyright (C) 太秦特別養護老人ホーム All Rights Reserved.