うずまさ共生の郷ブログ

2020年08月

2020.08.22

当施設 各課の紹介①

 

     

今回より当施設の各課の紹介を掲載いたします。

各課は他職種の職員間で連携し相談しながら、

その方の支援について会議や見直しも適宜おこなっています。

どの課もご利用者様の希望に寄り添い、

「生活がその人らしく彩りのあるものに」なるよう支援していきます。

  

「機能訓練指導員部門」

みなさま、こんにちは。

当施設の機能訓練指導員は

柔道整復師と言語聴覚士の2名が担当しています。

 

特養での機能訓練は、

「立つ・座る」「歩く」「トイレへ行く」「ベッドから車いすへ移る」「お風呂に入る」「着替える」

などの毎日の生活動作を通して、

その方が持っている力(所持機能)を

出来るだけ維持できるように取り組むものです。

床ずれ((じょく)(そう))を作らないようベッドや車椅子での安楽な姿勢の検討や、

筋力が衰えたり関節が動かしづらくならないよう

運動や散歩、マッサージなどもおこなっています。  

 

またご利用者にとっては食事は楽しみであり、

大切な支援のひとつです。

「食事をいつまでも安全に、おいしく食べる」を主眼とし、

だんだんと飲み込む力が衰えることで

気管に食べ物や飲み物、唾液が入ること(誤嚥(ごえん))を起こさないために、

その方にあった適切な食事提供はもちろん、

飲み込みに注意しながら食事を楽しんでいただきます。

また食事以外でもお話をすることなども、

のどの筋肉や肺機能の維持に大切な支援です。

また職員の健康・安全面では

腰痛予防体操やリフト浴槽の安全な使い方の指導など、

職員のサポートにも努めています。

 

機能訓練等についての質問・ご意見はお気軽に職員までお尋ねください。

 

2020.08.12

ほっとひ・と・い・きvоl。48

 

遅い梅雨明けのあと、

一気に猛暑となりました。

コロナが収まるどころか、

益々猛威を振るい、

京都も例外ではありません。

ひきつづき感染症対策と、

面会につきましてはご家族様のご協力をお願いする次第です。

昨年までは「夏まつり」を開催しておりましたが、

今年はユニットごとの実施というぐあいに

縮小しておこなっております。

夏らしい取組みをと、

うちわに金魚の飾りを貼りつける作品作りをおこなっています。

 

ご利用者様も

「金魚、かわいいなあ」「うれしいわ」と言われ、

うちわをあおいで涼しい風を感じておられました。

夏のひとときを楽しんでいただきました。

  

参事 寺尾美智子

2020.08.05

2020年土用の丑の日

 

今年の土用の丑の日は

721日と82日でした。

今年の梅雨は長くじめっとした日が続いていましたが

21日の土用の日にはうなぎを召し上がっていただきました!!

みなさま美味しい!とよろこんでおられました。

  

 

82日の土用の日にはスイカを召し上がっていただきました!!

この日は梅雨も明け大変暑い日でしたので

少しでも涼を感じていただけたのではないでしょうか。

 

Copyright (C) 太秦特別養護老人ホーム All Rights Reserved.