うずまさ共生の郷ブログ

2019年10月

2019.10.26

歌と音楽でお誕生日のお祝い

あるユニットの誕生会の一こまを紹介します。

今日ははじめにミニコンサートで

ハッピーバースデー」と秋の歌「もみじ」「村祭り」

など歌って楽しみました。🎵🎵

その後プレゼント渡しと

ユニット手作りのバナナケーキでお祝いです。

「うれしい」と涙を流されるご利用者の姿に、

職員もほろり。

ご家族も来所され、

お祝いのひとときを過ごしていただきました。

 

キーボードの觀山フロアリーダーとフルートの施設長

みなさん、素敵な歌声を披露していただきました。

    

2019.10.19

ほっとひ・と・い・き vоl・11

 One for allall for one

               

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」

という言葉があります。

本来は最後のone

「勝利」の意味合い

(デュマ「三銃士」より

「一人はみんなのために、みんなは勝利のために」)

だそうですが

なによりも上記の言葉は

よくラグビーでも使われる言葉ですね。

そう、言わずと知れたラグビーのワールドカップ大会。

大盛り上がりで、私もにわかファンの一人となりました。

荒々しいスポーツだなあと思っていたのが、

ルールを知り試合を見ると、

ほんとに何十㎝しか進まなくても

みんなで体を張って果敢に突き進む姿は

(大げさに言うと)人の生き方にも重なって、

「大人のスポーツ」であるということが納得できます。

日本のみならず

各代表国の試合が楽しみですね。

 

そんな中、台風19号が

またもや甚大な被害をもたらしました。

被害に会われた方々に

一日も早い復興をお祈りいたします。

大自然の前に一人一人の力は小さいですが、

大きな支援の輪が広がることを期待します。

 

施設長 寺尾美智子 

           

                 

 

2019.10.15

歌声が響く音楽ボランティア

 金木犀の香りただよううずまさ共生の郷

そんな季節に音楽ボランティアさまが来てくださいました。

『ふるさと』『あざみの歌』『もみじ』などみんなで合唱し

美空ひばりメドレーでワっと盛り上がりました。

歌を歌って喉を動かすということは

喉が鍛えられ、喉に何かがつかえるなどの嚥下(えんげ)障害のリスクが

下がると言われています。

心も体もぽかぽか元気になって良いことずくしですね!

これから寒くなる時期なのでお風呂で歌うのもよいですね

音楽ボランティアさま

とても盛り上げていただきありがとうございました!

2019.10.12

ミニ掛け軸作り 

10月のアートセラピーは

「ミニ掛け軸作り」でした。

机いっぱい広げた色とりどりの千代紙の中から

お好きなお色を選ばれ

ボランティアさまにサポートしていただき

扇を折っていきます。

「こんな柄の着物着てたわぁ

「赤い色が好きですか?

と会話も弾みます。

和紙をちぎって色紙にノリで貼ったり

いろんな工程を楽しんでおられました。

完成後は施設に飾り

みんなで作品を拝見して楽しんでいます。

2019.10.07

ほっとひ・と・い・き vоl・10

 

ついつい買ってしまうもの。

みなさんにもきっと何かおありではないでしょうか。

私にとっては「絵はがき」です。

美術館に行ったとき、ちょっと旅行に出た時、

風景や絵画やスケッチ風のものまで、

いろいろな絵はがきを

ついつい買ってしまいます。

結婚して実家を遠く離れてしまい、

母に週1,2枚のペースで

絵はがきや絵手紙を送っていました。

母もそれを楽しみにしており、

小さな親孝行のつもりで送っていました。

ちなみにご当地のスタンプなどをはがき一面に押すと、

書く文章も少なくて済みます。

切手を選ぶ楽しみも有ります。

郵便局の窓口で「風景印で」と言うと消印が変わります。

母もお返しにといろいろな絵はがきを購入していたようです。

いまでも絵はがきを購入しますが、

地元の会議や催しの案内に使うと

同じ配るにも喜ばれます。

       

職場で今貼っている絵はがきは

「信州八方尾根」の絵はがきです。

現地では曇りでしたが、

絵はがきで秋晴れの爽やかな山の雰囲気を楽しんでいます。

 

みなさんにとって

「ついつい買ってしまうもの」、なんですか。

           施設長 寺尾 美智子

Copyright (C) 太秦特別養護老人ホーム All Rights Reserved.